オフセット印刷

オフセット印刷とは、現在の印刷方式として主流な平版(へいはん)印刷の一種です。
CMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック)4色の版を出力し印刷を行うものです。
印刷機に紙を通し、一枚の紙に4色を刷り重ねていくことで最終的な仕上がり色を再現します。
現在、多くの紙の印刷物ではオフセット印刷が採用され、写真や画像・色などの再現性に優れ、
大量印刷にも対応可能です。

UVオフセット印刷

UVオフセット印刷は、紫外線(UV)に速乾性のあるインキを使用し、紫外線を照射することで、 インキを強制的に硬化(乾燥)させる印刷手法です。 通常のオフセット印刷は、インキが乾燥するまでに半日から1日程度の時間がかかります。 UV印刷では瞬時にインキが乾くため、乾燥待ち時間が不要で短納期の案件にも対応ができます。

オンデマンド印刷

オンデマンド(On demand)印刷とは、「要求・必要に応じて必要な部数を提供する印刷」という意味です。 トナー方式で印刷されるので版の出力を必要とせず印刷にかかる時間を大幅に短縮でき、小部数の印刷や 短納期での対応が必要な印刷に適しています。 再現性においてはオフセット印刷に劣りますが、一般的な商業印刷レベルの仕上がりを実現します。